PayPayとは?初心者が知りたいこと20選+α

キャッシュレス

初めてアプリで支払うのは、何かと心配です−−。

 

初めてクレジットカードを使ったときも不安でしたが、新しいアプリでの支払いとなると、わからないことが多くて不安になります。

 

初心者目線で知りたいことを深掘りして調べてみたので、次のような方におすすめです。

 

  • これからPayPayを始める人
  • PayPayのキャンペーンに乗り遅れたくない人
  • PayPayで気になることがある人

キャッシュレス決済アプリPayPayは、100億円キャンペーンが2度も開催されるなど激アツです。

 

キャンペーンをうまく利用すると、とてもお得なので、ぜひ使ってみてください。

 

時間をかけて一歩だけ踏み込んで調べてみたので、参考にしていただければ幸いです。

 

 

PayPayとは?

PayPayとは、ソフトバンクのグループ会社が提供するキャッシュレス決済サービスです。

 

ファミリーマートやビックカメラといったPayPay対応店で、スマホのPayPayアプリを使って、現金の代わりに支払うことができます。

 

100億円あげちゃうキャンペーンでかなり注目されて、対応店舗や利用者が増えて、広まりました。

 

現在は0.5%相当の還元となっています。

 

次回キャンペーンも開催が予定されているようなので、そちらに期待したいところです。

 

PayPayの基本的な知識

PayPayはスマホやタブレットのPayPayアプリから利用します。

PayPayは、iPhoneやAndroidのPayPayアプリから利用します。

 

タブレットでも利用できます。

 

現在はPayPayに対応した実店舗のみで、現金の代わりにPayPayアプリで支払えます。

 

将来的には、ネットショッピングなどでも使えるようになる予定です。

 

PayPayアプリはiOSの場合、iPhone/iPad/iPod touchで利用できる

PayPayアプリは、iOS 10.0以降のiPhone, iPad, iPod touchで利用できます。

 

携帯会社と契約していなくても、格安SIMなどのWiFiでネットにつながっていても利用できます。

 

ただし、アプリの登録時に本人確認のため、SMSが使えるガラケーかスマホが必要です。
(SMSとは、電話番号で短いメッセージを送信できる携帯会社のサービスです)

 

アプリ登録で、SMSの電話番号を登録し、受け取った4桁の番号を入力ます。

 

iPhoneでのインストール手順については、こちらの公式動画で紹介されています。

 

PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 インストールと新規登録の方法(iPhone)

 

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

 

 

PayPayはAndroidスマホでも利用できる

PayPayアプリはAndroid 5.0以上で利用できます。

 

携帯会社と契約していなくても、格安SIMなどのWiFiでネットにつながっていても利用できます。

 

ただし、Androidの場合も、アプリの登録時に本人確認のため、SMSが使えるスマホかガラケーが必要です。
(SMSとは、電話番号で短いメッセージを送信できる携帯会社のサービスです)

 

アプリ登録で、SMSの電話番号を登録し、受け取った4桁の番号を入力します。

 

Androidでのインストール手順については、こちらの公式動画で紹介されています。

 

PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 インストールと新規登録の方法(Android)

 

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay Corporationposted withアプリーチ

 

PayPayが使えるお店はこちら

PayPayが使える店舗は公式ページに掲載されています。

 

 

掲載されているのは大手の店舗だけですが、PayPayは小さなお店でも導入しやすく、今後続々と増える予定です。

 

小さいお店も探したい場合は、アプリから確認するといいでしょう。

現在地近くのPayPay対応店舗がわかります。

PayPayアプリの地図表示方法

ただし、新しく地図に追加されたばかりの店舗はまだ準備が整っていないこともあるので、利用前に確認した方が無難です。

 

PayPayはネットにつながっていないと使えない

Felica系(楽天Edy、Suica、nanacoなど)の電子マネーと違って、スマホがネットにつながっていないと利用できません。

 

格安SIMなどのWiFiを使用したネット接続でも大丈夫です。

 

PayPayでの支払い方法は、スキャン支払いとコード支払いの2種類

スキャン支払いとは、レジ横にあるPayPayのQRコードを、PayPayアプリでスキャンして支払う方法です。

 

コード支払いとは、PayPayアプリを起動し、店員にスキャンしてもらう方法です。

 

いずれの操作もスマホがネットにつながってないと、PayPayで支払えません。

 

PayPayアプリでスキャン支払いする方法

店内にPayPayのQRコードがある場合は、この方法で支払います。

 

次の手順で支払います。

 

  1. PayPayアプリを起動
  2. 右下から2番目の「スキャン支払い」をタップ → カメラ画面となります
  3. 店員に「支払いはPayPayで」などと言う
  4. レジ横にあるPayPayのQRコードを撮影
  5. 支払い金額を入力
  6. 金額を入力した画面を、店員に見せる
  7. 金額に間違いがなければ、「支払う」を自分でタップ
  8. 支払い後の画面を、再び店員に見せる

 

T-Pointカードやお店のポイントカードなどがあれば、PayPayで支払う前にスキャンしてもらいます。

 

次の公式動画で、わかりやすく紹介されています。

PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 スキャン支払いの方法

 

アプリでスキャンしたり、金額を入力したりと手間はかかりますが、お店側からすると印刷されたQRコードとスマホで手軽に始められます。

 

小さなお店ではこちらが主流になります。

 

対応店舗が増えることは利用者側にとってもありがたいことです。

 

なお、ビックカメラは対応が間に合わなかったので、2018年12月時点では、こちらの支払い方法となっているそうです。

 

PayPayアプリでコード支払いする方法

PayPayアプリでコードを表示し、店員にスキャンしてもらって、支払う方法です。

 

ファミリーマートなどではこちらの方法で支払えます。

 

金額を入力しなくてもいいので、こちらの方が便利です。

 

  1. PayPayアプリを起動
  2. 右下の「コード支払い」をタップ → バーコードが表示されます
  3. 店員に「支払いはPayPayで」などと言う
  4. 画面のバーコードを、店員にスキャンしてもらう

 

T-Pointカードやお店のポイントカードなどがあれば、PayPayで支払う前にスキャンしてもらいます。

 

次の公式動画で、わかりやすく紹介されています。

PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 コード支払いの方法

 

アプリ内に残高を保存していないので、端末の乗り換えが楽

PayPay残高はアプリ内には保存されておらず、ネット上に保存されています。

 

アプリからログインして利用するので、機種変更したときに、残高を移し替えたりせずに使えます。

 

乗り換え先の端末でログインするときに、機種変前に使っていたのと同じ電話番号とパスワードを使えば乗り換えられます。

 

キャンペーンでないときの還元率などについて

次のようになります。

  • 還元率は0.5%
  • 全額還元の抽選はない
  • 月あたりの還元額最大が5,000円になる

 

PayPayとPayPalはよく似ているが、まったく別のサービス

検索するとPayPalと出てくる場合がありますが、まったく別のサービスです。

 

PayPayで購入すると、どこから引き落とされるか

説明の前に、ソフトバンクまたはワイモバイル利用者の注意点があります。

銀行またはクレジットカードを登録する前の注意点

ソフトバンク、または、ワイモバイルユーザー限定で、追加で500円相当がもらえます!

ある操作を先に行うと、追加で500円もらえるキャンペーンがあります。

アプリインストール時にもらえる500円と合わせると、1,000円もらえることになります。

詳しい設定方法は、キャンペーンページで確認してください。

これらの設定を行わず、PayPayアプリでクレジットカードか銀行を登録してしまうと、後から設定しても、もらえなくなります!

 

PayPayでの支払いは3種類

PayPayでの支払いは次の3種類です。

 

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

 

PayPay残高について

PayPay残高とは、PayPayアプリのトップ画面に表示されている残高のことです。

 

アプリインストール直後に、PayPay残高として500円もらえます。

 

PayPayで購入したときのポイントは、支払った翌月の20日前後に、残高に追加されます。

 

PayPay残高は、銀行かYahoo!Japanカードというクレジットカードからチャージできます。

2018年12月現在、チャージで一部の銀行が対応していないようです。

  • ジャパンネット銀行を除き、ほとんどのネット銀行で未対応
  • 三菱UFJ銀行では登録できるがチャージできない

 

多くの方はPayPayアプリはチャージしないで、クレジットカードを登録して使っています。

 

クレジットカードを登録しておくと、足りなくなったらクレジットカードから支払われるので、その方が便利です。

 

PayPay残高は、最後に増減してから2年経つと失効します。

預けっぱなしで放置していれば、失効するので注意してください。

 

PayPay残高をもう少し詳しくみてみると、内訳がPayPayライトPayPayボーナスに分かれます。

 

数式にすると、このようになります。

PayPay残高 = PayPayライト + PayPayボーナス

 

PayPayライトは、チャージすると増やせ、友だち同士の送金に利用できます。

 

PayPayボーナスは、アプリをインストールしたら500円もらえます。

また、還元額(キャンペーン後は0.5%となります)が、支払った翌月の20日前後にPayPayボーナスに追加されます。

 

PayPay残高の内訳は、次の操作で見られます。
[PayPayトップ画面] – [左上の3本線ボタン] – [あなたの残高] – [内訳を見る]

PayPayアプリの残高内訳

 

Yahoo!マネーについて

PayPayは、Yahoo!マネーと連携して使用することができます。

 

Yahoo!マネーとは、Yahoo! JapanというWebサービス内で使われている電子マネーです。

利用するにはYahoo! Japanの登録が必要です。

 

Yahoo! Japanのサービス(ヤフオクやヤフーショッピングなど)を多く利用している方は、PayPayでの支払いに利用できて便利です。

 

連携させておくと、PayPay残高が足りないときに、Yahoo!マネーから支払われます。

Yahoo!マネーも足りないときは、登録したクレジットカードから支払われます。

 

Yahoo!マネーにはコンビニで購入してチャージすることもできます。

 

PayPayが対応している銀行口座やクレジットカードを持っていなくても、Yahoo!マネーならPayPayの支払いに使えます。

 

Yahoo!マネー支払いの登録方法は、次の公式動画がわかりやすいです。

PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 Yahoo!マネー支払いの登録方法

 

クレジットカードについて

PayPayアプリにクレジットカードを登録すると、PayPay残高が足りないときに、クレジットカードからPayPayで支払えるので便利です。

 

また楽天カードなどといったクレジットカードの種類によっては、クレジットカード側でポイントが付き、PayPayと合わせてポイントの2重取りができてお得です。

 

クレジットカードの登録方法は、次の公式動画がわかりやすいです。

PayPay(ペイペイ)_アプリ操作 クレジットカードの登録方法

 

PayPay残高を越えていた場合は、支払い方法選択画面から選択

PayPay残高から支払うように設定していて、残高を超えていた場合、「お支払い方法の選択」画面が表示されます。

支払い方法選択画面

 

こちらのメニューからPayPay残高にチャージして支払うか、クレジットカードまたはYahoo!マネーから支払うかを選んでください。

 

足りなかったときに、以前はYahoo!マネーまたはクレジットカードから自動で引き落とされていたのですが、1月28日にリリースしたバージョン1.8.0以降では選択するように変わりました。

 

なお、どこから引き落とされても、PayPayの0.5%還元は適用されます。

 

PayPayアプリとクレジットカードなどとの連携について

VISAカード、MasterCardの場合は連携OK

VISAカード、または、MasterCardなら、どのブランドのカードでもPayPayに登録できます。

 

どれでもといっても、もちろん本人名義のカードで登録しなければいけません。

 

クレジットカードを登録すると、チャージを気にすることなく、PayPayを使用できます。

 

PayPayで支払ったときに、PayPay残高が足りなければ、自動でクレジットカードから引き落とされます。

ただし、Yahoo!マネーを登録していて、金額が足りるなら、そちらが優先されます。

 

Yahoo!マネーやクレジットカードから引き落とされても、PayPayの0.5%還元は受けられます。

 

VISAやMasterCardが付いている楽天カードも、もちろんPayPayと連携できます。

 

楽天カードを登録すると、楽天カードの1%還元も同時に受けられて、お得です。

 

👇今入会すると年会費は今後もかからず、入会と利用で最大7,000円相当のポイントがもらえます。

楽天カードお申し込み

JCBの楽天カードだとPayPayには登録できません。ご注意ください。

 

JCBで連携できるクレジットカードは、Yahoo! JAPANカードのみ

JCBで登録できるのは、Yahoo! JAPANカードだけです。

LINE PayカードはJCBカードなので、登録できません。

 

クレジットカードからチャージできるのは、Yahoo! JAPANカードのみ

足りない場合はクレジットカードなどから自動的に引き落とされるので、通常チャージする必要はありません。

 

ただし、自動引き落としだといくら使ったかわかりにくくて、無駄遣いしがちです。

 

それが嫌な方は、Yahoo! JAPANカードからチャージするのがおすすめです。

 

Yahoo! JAPANカードにはTポイントカードを登録できます。

Yahoo! JAPANカードからPayPayにチャージすると、100円につき1Tポイントがもらえてお得です。

 

👇今入会すると年会費は今後もかからず、入会と利用で最大8,000円相当の期間固定Tポイントがもらえて、とてもお得です。

【Yahoo! JAPANカード】

Kyashというバーチャルカードを挟むと、ポイントの三重取りができる

Kyashとは、ひとことで言えば、プリペイド式VISAカードです。

 

まず、Kyashを申し込みます。

 

Kyashにはクレジットカードを登録しておきます。

 

PayPayにはクレジットカードの代わりに、Kyashを登録します。

 

すると次のように連携でき、ポイントを三重取りできます。

 

お店 ← PayPay ← Kyash ← クレジットカード

 

Yahoo! JAPANカード」や「楽天カード」のポイント還元率は1%です。

 

Kyashのポイント還元率は2%です。

 

PayPayのポイント還元率は0.5%です。

 

これらを合わせると、3.5%還元となります!

 

👇他のクレジットカードと組み合わせて、還元率2%を上乗せできます。

Kyashお申し込み

 

さらにT-POINTを提示できるお店では、ポイントの四重取りができる

ファミリーマートなどTポイントカードが使えるお店では、次の手順でTポイントももらえます。

 

  1. Tポイントカードを店員がスキャン
  2. PayPayアプリで支払い

 

PayPayの還元とは別に、Tポイントがもらえます。

 

ビックカメラなどのお店側のポイントでも、ポイントの四重取りができる

ビックカメラなどお店独自のポイントがもらえる場合は、次の手順で合わせてもらえます。

 

  1. ビックカメラカードなどを店員がスキャン
  2. PayPayアプリで支払い

 

PayPayの還元とは別に、お店側のポイントがもらえます。

 

ビックカメラの場合は、ビックカメラアプリをインストールして、期間限定の特別優待クーポンを使うと、1〜3%追加で還元されます!

 

 

PayPayでの購入について

今のところ店舗での購入しか使えない

ビックカメラのオンラインショッピングサイトやYahoo!ショッピングなどでは、2018年12月時点ではPayPayを利用できません。

 

将来的には、Yahoo!ショッピングやヤフオクなどで利用できるようになる予定です。

 

Amazonで購入した商品をコンビニ決済するときには使えない

Amazonで購入した商品をコンビニで決済するときには、PayPayを使って支払えません。

 

3万円以上購入する場合は、本人確認が必要

3万円以上の場合は、本人確認のため次のどれかが必要です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 学生証
  • 日本国パスポート
  • 外国パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

 

ビックカメラなどで高額品を買いたい場合は、ご注意ください。

 

あらかじめ用意しておきましょう。

 

ファミリーマートで1回あたりのPayPay購入額上限は2万円

ファミリーマートでは1回あたりの上限は2万円となっているので、ご注意ください。

 

1回あたりなので、2万円以内に分けられれば、購入できます。

 

 

PayPayで購入できない商品はこちら

PayPay公式サイトによると、次の商品は購入できません。

– 商品券
– プリペイドカード
– 印紙
– 切手
– 回数券

 

ファミリーマート公式サイトによると、次の商品がPayPayで購入できません。

– 公共料金等の各種代金お支払い
– Famiポート取扱い商品・サービス
– プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)
– 宅急便・宅急便コンパクト送料
– 切手・はがき・印紙類
– ゴミ処理券等の金券類
– 一部の自治体指定ごみ袋
– 電子マネーチャージ
– コピー、FAX

 

これらの他に、税金の支払いにも使えません。

 

Famiポートを使ったPayPayでのチケット購入はグレー

Famiポートとは、ファミリーマート店舗内でチケット購入などができる機械です。

 

 

ファミリーマート公式ページでは購入できないことになっていますが、購入できたという報告もあります。

 

20%のポイント還元キャンペーン時のツイートです。
現在の還元率は、0.5%です。

 

PayPayでチケットなどを購入できたとしても、後日の審査で、還元額が0円になってしまうかもしれません。

 

自己責任で試すとしても、ファミリーマートでのPayPay支払いは1回につき2万円までなので、超えないようご注意ください。

 

 

あとがき

キャッシュレス決済の覇権を握る競争は、東京オリンピックに向けて今後激しくなりそうです。

 

今後各社が、キャンペーンをいろいろと展開してくるでしょう。

 

PayPayも100億円あげちゃうキャンペーンは2018年12月13日で終了しましたが、今後新たなキャンペーンが展開されることが示唆されています。

 

キャッシュレス決済アプリはいろいろ出回っていますが、おそらくつぎの3社が派遣を争って大規模なキャンペーンを今後展開してきそうです。

  • PayPay
  • 楽天Pay
  • LINE Pay

 

ボーナスや年末年始で支出が増えますが、今のうちにこれらで支払えるよう準備しておくと、一番お得なキャンペーンを利用できそうです。

 

私も今はPayPayだけですが、他も試して、記事にしていきたいと思います。

ではまた!

 

なるべく正確な情報を集めましたが、間違っていたり、変更となって変わる可能性もあります。

最終的には、各自でご確認いただきますようお願いいたします。

 

👇 こちらの記事もおすすめです! 一冬で1万円節電できる安価な暖房器具など、紹介しています。