ダイエット簡単節約レシピ:白菜のオイスターソース煮

料理

平成最後の冬は白菜が久しぶりに安かったです。

高いときだと1玉500円以上する白菜が、150円〜200円くらいで買えました。

LAWSON STORE 100店頭の冬野菜

LAWSON STORE 100店頭の冬野菜

 

そんな安い白菜をたっぷりと食べられる簡単な料理、白菜のオイスターソース煮を作ってみました。

 

低カロリーなのに白菜とオイスターソースの旨味の相乗効果で満足感が高く、ダイエットにも最適です。

 

白菜のオイスターソース煮作り方

材料

材料はこちらです。
白菜以外は調味料といたってシンプルな料理です。

  1. 白菜 500g
  2. 水40cc
  3. オイスターソース 小さじ2杯
  4. 食用油 小さじ1杯
  5. めんつゆ 小さじ1杯
  6. 日本酒 小さじ1杯
  7. みりん 小さじ1杯

5, 6, 7は、無ければ省略しても大丈夫です。

 

白菜は昆布などと同じグルタミン酸が多く含まれていて、動物性の旨味がたっぷりと入ったオイスターソースと合わせると、相乗効果で旨味が増します。

 

健康のために薄味にしています。
物足りない方は、味をみて、塩やしょうゆなどで塩分を補ってください。

 

白菜は重くてどっしりした方がおいしいです。
また、切り口がまっすぐで新鮮な物を選びましょう。切られてから時間が経つと、半分とかに切られたときの切り口中央付近が盛り上がってきます。白菜表面に黒い点々が目立つことがありますが、ポリフェノールの一種でむしろ体にいいので、気にしなくて大丈夫です。

 

白菜500g

白菜500g

 

作り方

  1. 白菜をざく切りにしてフライパンに入れ、水40CC、コクを増すための食用油を入れます。
ざく切りにして、水+食用油を加える

ざく切りにして、水+食用油を加える

 

  1. 蓋をして、中火で約8分ほど煮て、8割方火を通して柔らかくします。
蓋をして中火

蓋をして中火

 

  1. 火を止め、白菜を箸で動かし、煮汁の中に残りの調味料を入れて煮汁とよく混ぜます。
火を止めて、残りの調味料を追加

火を止めて、残りの調味料を追加

 

  1. 箸で白菜と煮汁を絡ませてから、火を中火にします。蓋を外したまま3分ほど煮て完成です。
煮上がった様子

煮上がった様子

 

白菜の旨味が合わさった、おいしい出汁ごと味わってください。
お好みで、水溶きカタクリ粉でとろみをつけるのもおすすめです。

白菜のオイスターソース煮

白菜のオイスターソース煮

 

オイスターソースについて

オイスターソースを初めて製造販売した李錦記のオイスターソース

オイスターソースを初めて製造販売した李錦記のオイスターソース

 

富士食品のオイスターソース

富士食品のオイスターソース

 

オイスターソース概要】
カキを塩茹でした際にでる煮汁を加熱濃縮し、小麦粉、デンプンで濃度を調整し、砂糖、うま味調味料などを加えて調味し、アミノカラメルで色を調整したもの。メーカーによって、風味や粘度にかなりの違いがある。

独特の風味とアミノ酸、核酸のうま味、コクを持ち、広東料理をはじめとする中華料理に広く用いられる。炒め物、煮込み料理などによく用いられる。冷凍食品、レトルト食品、インスタント麺など、中華風の加工食品や合わせ調味料にも利用が広まっている。

引用元:Wikipedia

 

安くて時短で本格的な味となるので、重宝しています。
旨味が濃いので、減塩できます。

 

炒めるときに旨味を出すのによく使います。
例えば、焼きそばをオイスターソースで味付けすると、広東風焼きそばになります。

 

今回のように、煮るときに使うのもおすすめです。

オイスターソースは炒め物以外に使い方がなかなかわからず、冷蔵庫で眠りがちですが、煮物で使えるようになるとレパートリーが増えていいでしょう。

 

オイスターソースはスーパーやLAWSON STORE 100など売っていて、比較的手に入りやすい調味料です。

 

ただし、使わずに冷蔵庫で眠らせやすい調味料なので、あまり自炊しない人は無理して買わない方がおすすめです。

 

『鶏ガラなど粉末スープやコンソメ+しょうゆ』で代用できます。

白菜はグルタミン酸が豊富なので、普通にお肉系の食材(豚肉などのお肉、ツナ缶、鯖の水煮缶などどれか一つ)を入れて、醤油ベースの煮物としてもおいしいです。

 

 

ということで、白菜のオイスターソース煮の紹介でした。

白菜が安ければ、約30円くらいで野菜500gとたっぷり食べられて、減塩にもなるのでおすすめです。

ではまた。