業務スーパー簡単レシピ:19円袋入りゆでそばで作る手抜きそば

そばは健康にいいので、外食でよく食べますし、自炊でも積極的に使っています。

 

乾麺のそばは安くて保存がきくのでよく使いますが、業務スーパーだと袋入りのゆでそばも1食19円と安いので、こちらもよく買います。

袋入りゆでそばは、乾麺に比べてもちもちしていておいしいです。

 

料理方法は超簡単、お鍋もいらず、お湯をかけるだけ。
カップ麺とほぼ同じ感覚で作れちゃいます!

 

1. コスパのいい業務スーパーの1食袋入りゆでそば

こちらが業務スーパーの1食袋入りゆでそばです。
業務スーパー袋入りゆでそば

1袋19円(税抜)と安いです。

スーパーで安売りしていると、これくらいに下がることがありますが、業務スーパーだといつもこの値段で買えます。

業務スーパーの袋麺

 

2. 袋入りゆでそばで作る、手抜きざるそば作り方

2-1 手抜きざるそば材料

こちらがざるそばの材料です。
この他つゆをアレンジしたり、トッピングで具を追加してもokです。

  1. 業務スーパー袋入りゆでそば 1袋
  2. めんつゆ 適量

 

今回は納豆のタレ2袋エバラおろしのたれを使いました。

ざるそば材料

 

2-2 手抜きざるそば作り方

(1) ポットでお湯を沸かす。

カップ麺を作るときと同じように、まずはポットでお湯を沸かします。
電気ポットで湯沸かし中

 

(2) 湯通し1回目

丼に袋入りゆでそば入れて、キッチンシンクで沸騰したお湯を8分目まで注ぎます。

ゆでそばを湯通し

縁一杯まで注ぐと、熱くてお湯を捨てにくいので、8分目にしています。
お箸で麺をほぐして、金属製のざるを使ってお湯を一度捨てます。

 

(3) 湯通し2回目

丼が温まったところで、もう一度熱湯を注ぎ、2分くらい放置して麺に火を通します。

 

(4) 湯切り

金属製のざるを使ってお湯を切ります。

金属製のざるで湯切りし、水で冷やす

お好みですが、夏だと写真のように水をかけて、冷やしにして食べます。
冬は水をかけずに、熱々で食べるのがおすすめです。

 

(5) めんつゆで味付け

めんつゆを適宜かけて完成です。
ざるそば完成

何をかけるかはお好みで変えてください。

この日は、納豆のタレ2袋とエバラおろしのタレ少々を混ぜてみました。

 

3. ゆでそばのアレンジ

お好みでトッピングを加えると、さらにおいしく食べられます。
ざるそばトッピング例

写真では、次の具材をトッピングしました。

  • キムチ(業務スーパーで400g 148円)
  • ゆで卵(熱湯に入れて6分ゆで、水にさらすとできます)
  • カボチャスライスのオーブン素焼き(作り置き野菜)

オーブン加熱中のスライスかぼちゃ

 

タレもごまだれなど、いろいろアレンジしてみてください。
ごまだれとキムチを混ぜて、ざるそば風に付けて食べるのもおすすめです。

 

ということで、業務スーパーのゆでそばで作る手抜きざるそばの作り方でした。

 

簡単に作れるので、普段カップ麺ばかり作っている人にもおすすめです。

 

カップ麺と比べても19円 + めんつゆ代少々で済むので節約にもなります。

そばは、健康にもいいのでおすすめです。