業務スーパーの安いコーヒーは1杯4円!年間で12万円も節約!

コスパ抜群の業務スーパーデラクシアコーヒー 節約術

「コーヒーを毎日飲むので、ちょっとでも節約できれば……」

そう思ったことは、ないでしょうか?

 

缶コーヒーを1日1缶だけ飲むとしても、1年だと120円 × 365日 = 43,800円もかかります!

 

最近は、『毎日コーヒーを飲むと体にいい』ということが広まってきて、健康に気をつかう多くの人が飲んでいます。
私も、おいしくて好きということもあり、1日あたり3〜4杯のコーヒーを飲んでいます。

 

これではスタバとかのコーヒーに替えて缶コーヒーで節約したつもりでも、毎日だと相当なコストとなってしまいます。

 

「コーヒー代を節約するには、どうすればいいのだろうか?」

 

コーヒーのコスパを気にしている方におすすめしたいのが、私が愛飲している業務スーパーのインスタントコーヒー、デラクシアです!

 

何気なく毎日飲んでいるコーヒーを、コスパのいいコーヒーに切り替えることで、積み重ねで大きな節約につながるのです。

 

業務スーパーの安いインスタントコーヒー、デラクシアについて

業務スーパーデラクシアコーヒー

業務スーパーでは、いろいろなコーヒーが売られています。
その中でも一番安くてコスパがいいのが、インスタントのデラクシアコーヒーです。

 

原産国はベトナムで、業務スーパーを運営する神戸物産が輸入しています。

デラクシアコーヒー裏書き

 

項目内容
種類インスタントコーヒー
内容量500g
価格税別798円
原産国ベトナム
ローストミディアム
賞味期限1年以上

 

いれたてのデラクシアコーヒー

試してみると、苦みや酸味が少なく、飲みやすいコーヒーです。
高いコーヒーに比べると香りが少ないですが、お茶代わりに飲みたい人におすすめです。

 

安くてコスパ抜群のおすすめのコーヒー

裏面に書いてある召し上がり方には、次のように書かれています。

デラクシアコーヒー裏書きの、召し上がり方説明

ティースプーン1杯(約2g)に、お湯約140ml』

 

500g入っているので、これ1本で約250杯のホットコーヒーを楽しめます。
1杯あたりで計算すると、税別3.2円です。

 

消費税や水道代、ホットで温めるときの電気代を入れても、1杯4円ほどでコーヒーが飲めます!

 

1日3杯飲んでも12円で済む!

 

ホットやアイスか、また、個人ごとの好みの濃さや量にもよりますが、1日3杯で約2〜3ヵ月楽しめます
私も去年9月から実際に試して、3ヵ月持ちました。

 

ちなみに、裏面の作り方を見てみるとアイスではコーヒーの量が多めですが、個人的にはそれほど変えていません。

たまに牛乳で作るときは、いつもよりコーヒーを多めにしています。

 

業務スーパーのデラクシアコーヒーのいれ方

安いコーヒーなので、なるべくおいしく飲めるように、いれ方にはこだわっています。

コーヒーを飲むときに使っている道具

デラクシアコーヒーはサラサラしていて、こぼしやすいので、大さじで扱うのがおすすめです。

大さじですくったデラクシアコーヒー

 

容器が大きいので、大さじの方が最後まですくえます。

デラクシアコーヒーの最後の一すくい

 

コーヒーカップには、私としては贅沢な、雑貨屋Franfranのマグカップを使っています。

フランフランで買ったマグカップ

おしゃれなデザインで、容量は250mlです。

 

重心が低くて、どっしりと安定しています。
パソコンのそばで飲むときに、間違って倒しにくいところも、おすすめのポイントです。

 

インスタントコーヒーは繰り返し購入するのでなるべく費用を抑えていますが、コーヒーカップは一度買えばずっと使えるので、少し贅沢しています。

 

ホットコーヒーのいれ方

インスタントコーヒーをいれるときは、最初に少量の水で溶かすとおいしい』と聞いたことはあるでしょうか?

 

いきなり熱湯の中にインスタントコーヒーを入れてはいけません。

 

コーヒーには澱粉(でんぷん)が少し入っていて、一見ちゃんと溶けているように見えるのですが、実はムラができてしまいます。

 

実際に両方のやり方でコーヒーを作って飲み比べてみたことがあるのですが、最初に水で溶かした方がおいしかったです。

 

ミルクと砂糖は、お好みですが、この日は粉ミルクの森永Creapを少し入れました。

このくらいの水にデラクシアコーヒーとCreapを入れてからスプーンで混ぜ、コーヒーを溶かします。
少量の水に入れたデラクシアコーヒーとCreap

 

Creapは溶けにくいので、熱湯を少し足して溶かします。
お湯を足して、Creapを溶かす写真

 

ぬるめが好きなので、熱湯を足して、60度から70度くらいに仕上げてます。
さらにお湯を足して、できあがったホットデラクシアコーヒー

 

砂糖はお好みですが、私は入れていません。

 

牛乳が有るときは、冷たい牛乳にデラクシアコーヒーを溶かしてから、電子レンジでぬるめに温めています。

 

アイスコーヒーのいれ方

デラクシアコーヒーの説明書きには、お湯で作ってから氷を入れるように書いてあります。

デラクシアコーヒーの召し上がり方裏書き

 

でも面倒だし、お金もかかるので、常温の水道水で作っています。
デラクシアコーヒーはさらさらで水にも溶けやすいので、これで大丈夫です。

 

まず水道水をマグカップに注ぎ、デラクシアコーヒーを入れます。
水を入れたカップに、デラクシアコーヒーを投入

 

常温の水でも、少しかき混ぜただけで、あっという間に溶けます。
常温の水でかき混ぜ中

 

水に入れてかき混ぜるだけで、完成です!

サラサラで溶けやすいデラクシアだと、コーヒーを用意するのにかかる時間を短縮できます。

完成したアイスコーヒー

私は常温が好きなのでこのまま飲んでいますが、お好みでアイスを追加してください。

 

冷たい牛乳で作っても、20〜30秒かき混ぜれば溶けます。

冷たい牛乳にデラクシアコーヒーを投入

 

入れて少し放置すると、湿気を吸って混ぜにくくなるので、手早くすぐにかき混ぜるのがコツです。

20〜30秒かき混ぜる

 

アイスカフェラテの完成です!

完成したアイスカフェラテ

 

オフィスなど外出先では、水筒持参で節約

オフィスなど外出先でコーヒーを飲む時は、コーヒーを入れた水筒を持参すると、とても節約できます。

 

簡単にできて効果が大きいので、割と多くの人が実践している節約術です。

 

個人的に常温で充分なので、保温や保冷できる水筒を使わず、口が広いペットボトル空き容器を使っています。
貧乏っぽいですが、水筒よりかさばらなくて、使いやすいです。
ペットボトル空き容器

 

デラクシアコーヒーを適量入れて、水道水を注ぎ、キャップをしてよく混ぜると完成です。
ペットボトルで作ったデラクシアコーヒー

なお、ペットボトルに入れるときは、口より小さめのさじを使うとこぼしにくいです。

 

水筒だと、Amazonで人気があるのは、こちらの商品です。

 

業務スーパーの安いコーヒーで、どれだけ節約できたか計算

今やコーヒーは、いろいろな所で飲めます。

自宅、オフィス、自動販売機、スタバ、マック、コンビニ、街角のカフェ、帝国ホテル……。

街角のコーヒーショップ

 

普段コーヒーをどのように飲んでいるかは人それぞれですが、自販機などで入手しやすい缶コーヒーで比べてみました。

缶コーヒー

 

缶コーヒー代は1缶120円とします。

 

デラクシアコーヒー500gの価格は、
消費税8%だと、798円 x 1.08 = 862円

水道代と電気代はとても小さいのですが、足して1,000円として計算してみます。

 

1杯あたりで計算すると、
1杯2g = (1,000円 ÷ 500g) × 2g = 4円

デラクシアコーヒーだと、1杯が4円です。

 

なんと、缶コーヒー代のわずか3%という安さ!
97%減の節約です。

 

1日に飲む量を3杯として、年間でどれくらい節約できるかも計算してみましょう。

ちなみに、毎日3〜4杯のコーヒーを飲むと、健康にもいいそうです。
ただし、カフェインの適量は個人差があるので、おいしいと感じる量に抑えてください。

 

1日あたり缶コーヒー3缶を飲むとすると、
120円 × 3缶 = 360円かかります。

 

デラクシアコーヒーだと

4円 × 3杯 = 12円です。

 

1日あたり、缶コーヒー3缶だと360円だったのが、デラクシアコーヒーだと12円で済みます。

 

  • 1日では、348円の節約
  • 30日では、10,440円の節約
  • 365日では、127,020円の節約

 

都内で働いていた頃に戻って、毎日缶コーヒーを飲んでいたり、スタバに行っていた自分をぶん殴ってやりたい。

 

例え缶コーヒー1日あたり1缶だったとしても、1年だと120円 × 365 = 43,800円もかかります!
何気なく毎日飲んでいるコーヒーを見直すことで、とても節約できるのです。

 

自動販売機やスタバなどでコーヒーを買うと高いので、業務スーパーほどでなくても、他のインスタントコーヒーに替えるだけで、だいぶ節約できます。

 

最後にひとこと

ビーチサイドのカフェ

安くコーヒーを飲む方法について解説してきましたが、コーヒーは生活の一部ですので、飲むときのTPOはいろいろと分かれます。

 

普段使いのコーヒーをなるべく節約して、高いコーヒーはたまに飲むのがいいでしょう。

 

ということで、業務スーパーの安いコーヒーを使った節約術でした。

ではまた!